ユリノキタイムズ

NEW

楽しめるスポットが盛りだくさん! 休日は自然あふれる「愛・地球博記念公園」へ。

「愛・地球博記念公園」(モリコロパーク)

藤が丘周辺の長久手市や日進市、瀬戸市、尾張旭市などには、自然豊かな公園や観光施設が数多くあり、休日などに気軽に訪れることができます。今回は、「ジブリパーク」(第1期)のオープンで注目を集める長久手市の「愛・地球博記念公園」(モリコロパーク)を紹介します。

01

藤が丘駅からリニモ、車ともに約15分と訪れやすい

2022年11月1日に、「ジブリパーク」(第1期)がオープンしたことで、ますます注目を集める「愛・地球博記念公園」(モリコロパーク)。2005年に開催された「愛・地球博」の長久手会場跡地を活用して開園したのは、翌2006年のこと。藤が丘駅からリニモに乗って約13分の「愛・地球博記念公園駅」で降りれば、公園はすぐ目の前です。車の場合も、15分ほどで訪れることができます。

02

森・水・風の自然が体験できる9つの遊具がそろう

親子で自然にふれあいながら遊ぶのであれば、森・水・風の自然が体験できる9つの遊具がそろう「こどものひろば」がおすすめです。大きなすべり台や噴水、池など、自然の地形を生かした遊び場が広がり、親子連れで賑わっています。木陰にはテーブルやベンチがあり、水辺などで遊ぶ子どもたちの様子を見ながら休むことができます。

03

芝生広場やサイクリングコース、運動施設も充実

「こどものひろば」の近くには、レジャーシートを敷いてピクニックを楽しんだり、かけっこやバドミントンをしたりして遊べる「芝生広場」があり、その奥には高さ88mの「大観覧車」が存在感を放ちます。この他、約194haの広大な敷地には、アイススケート場や野球場、フットサルコート、テニスコート、サイクリングコースなど、一日では回りきれないほど多彩な施設がそろっています。ぜひ休日には、気軽に自然とふれあえる「愛・地球博記念公園」でリフレッシュしましょう。芝生広場の近くには多数の動物のオブジェがあり、フォトスポットとして人気。

 

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1TEL:0561-64-1130公園8:00〜18:30(4月〜10月〜19:00)※施設によって異なります火曜定休(祝日の場合は翌平日休)※春夏冬休みは無休 ※年末年始(12月29日〜1月1日は閉館)Pあり(有料)※入庫から出場まで1時間30分以内の場合無料入園料/無料(園内に有料施設あり)https://www.aichi-koen.com/moricoro/